東京港区の結婚相談所 ブライダル・プロデュース ア・ラムール

30代の婚活事情

結婚・婚活

30代の婚活事情

◆30代は、真剣に結婚相手を探すことができる適齢期!

30歳という年齢は、男性にとっても女性にとっても結婚の一つの節目になる年です。

国立社会保障・人口問題研究所 2012年版人口統計資料 によると、
平成22年の平均初婚年齢は、男性 30.5歳、女性 28.8歳。

男性では、29歳までに結婚している人が約 50%。
女性では、29歳までに結婚する人が65%以上。(その後の 5年間では半減)

女性の場合、「30歳前の駆け込み結婚」 という傾向が頷けますが、
男性でも、30歳を迎える前に結婚する人って結構多いと言えますね。

一方で、30代は男女とも人間的に非常に成長する時期だと思います。

「婚活」というのは、ただ単に結婚相手を探す活動だけでなく、
相手に自分を選んでもらうために、自分自身を磨いていくことです。
「自分自身に磨きをかけていく活動」が「婚活」と思いましょう。

30代のあなたは、
しっかりと目標を持って積極的に“自分磨き”をしながら、
「結婚相手探し」にも意欲を持って取り組みましょう。

30歳前半の半数近くは未婚という現実もありますし、
人間としての魅力が増す30代は、真剣に結婚を考え動き出す年齢として結婚適齢期でもあります。

現実に、結婚相談所の会員は30代女性が一番多くなる傾向があります。
結婚相談所の会員構成から、30代は女性会員が若干多いものの、
男女の需要と供給のバランスがとれているという点でも、30代は結婚適齢期と言えます。

30代の婚活のポイントを挙げてみます。
主に30代女性をイメージして書いていますが、30代男性にも共通することが多いです。

【30代の婚活のポイント】

1.結婚する時期を自分の中できちんと決める。

  会社員の場合は特にそうですが、一般的には最前線でバリバリ働く年代です。
  仕事が日常生活の大半を占めざるをえないため、交際相手を探す時間的余裕が少なくなりがちです。
  仕事に流されているうちに気がついたら40代になっていたというケースが多くなります。
  20代のとき以上に、結婚という目標を人生の最優先事項として活動することをお勧めします。

2.フットワークを軽くして、出会いの機会を増やす。

  30代の場合、出会いが少なくなってきているだけなので焦る必要はありません。
  とはいえ、「いい出会いがない」と言っているだけでは何も変わりません。
  出会いの機会を増やすために、積極的にお見合いパーティーなどに参加したり、
  信用のできる結婚相談所を活用しましょう。

3.自分の魅力を知って自信を持つ。

  自分の魅力を分かっていてそれ相応な自信を持っている人は輝いて見えます。
  逆に、自信のない人はいまひとつ魅力的に見えないことが多いです。恋愛でも言えること。

  30代ならではの魅力に磨きをかけましょう。
  例えば、「内面の豊かさ」と「コミュニケーション力」。
  仕事や恋愛でさまざまな経験を踏んでいくうちに、人の心の機微が分かるようになっていくものです。
  20代のときには持てなかった「包容力」「理解しようとする心」を育てていきましょう。
  同時に、人の気持ちを測りながら会話できるコミュニケーション力も意識して高めましょう。

4.相手に求める条件を少し緩めにしてみる。

  30代では、それまでに様々な経験を積んでいる分、現実を見る目も養われて、
  結婚相手に厳しい条件を求める傾向も出てきがちです。
  ですが、自分の中の多くの条件にとらわれるあまり、本当に大切なものを見逃してしまいます。
  絶対に譲れない条件以外は、少し緩めにしてみることも必要です。
  直感でいいなと思ったお相手にはなるべく早めにお会いするのがよいでしょう。

画像の説明

コメント



認証コード4343

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional