東京港区の結婚相談所 ブライダル・プロデュース ア・ラムール

「上手くリードしてくれる男性がいい」という言葉の呪縛

結婚相談

「上手くリードしてくれる男性がいい」という言葉の呪縛

「結婚したいのに結婚できない」人にはいろいろな事情があります。

でも、ちょっと考え方を変えてみれば、結婚はぐっと近づきます。


今回は、「私は引っ張って行ってくれる男性がいいのですが…」という女性のケースです。

これには2通りあると思います。

「男性にどんどん決めてもらいたい、自分はそれに従っていくだけ」という人と、

「私の好きな方に引っ張っていってくれる男性がいい」という人。


今回は、後者の方を見てみます。

「引っ張って行ってくれる人がいいな」と聞くと、謙虚で控えめな発言に聞こえますが、

本音は、「私の気持ちをくみ取って、満足できるように引っ張ってほしい」ということらしいです。


相談所でも「どうも頼りなくて」というだけで女性から交際を断られる男性も少なくないのです。

最初のデートのお店選び、注文する料理、時間の使い方、いろいろなところにチェックが入ります。

そのたびに、「リードできない男性」「センスがない男性」と減点していって、

「どうも頼りなくて・・・」と結論付けてしまうそうです。


ある女性誌では、「私を変えない結婚」というキーワードが踊ったことがありましたが、

男性には「引っ張ってほしい」と言いながらも、自分のスタイルは変えないということですね。


あなたが、自分のスタイルをちゃんと持っていて、簡単にそのスタイルを変えたくない方ならば、

あなたが、男性をちょっとリードしていって、人生のプランも提案していくくらいがよいと思いますよ。

今の時代、「リードしてくれる女性」を待っている男性も多いかも知れません。

そういう男性には、「心強い人だな、この人となら一緒にやっていけそうだ」と勇気が湧いたりするかも。


実際に、結婚しているカップルを見てみても、女性主導型の夫婦の方が上手く行っていることが多いです。

「上手くリードしてくれる頼れる男性がいい」という言葉の呪縛から解き放たれましょう。

画像の説明


コメント



認証コード6470

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional